Recruit採用情報

活気ある職場で、一人ひとりが責任感を持って取り組む。
そんな職場に共感してトウペに入社しました。

生産部門、入社1年目、キャリア採用

趣味でも仕事でも「ものづくり大好き人間」です

ものづくりが好きな性分で、大学を卒業して初めての就職先はゼネコンでした。今の仕事は塗料、前職では建物、それぞれものづくりの仕事である事は共通しているので、私が仕事を選ぶと自然にものづくり系になるんだなと実感しています。仕事でもそうですが、今も昔からやっているプラスチック・モデル製作が趣味なので、仕事でもプライベートでも「ものづくり大好き人間」です。
今の仕事では、日々塗料づくりの現場を見ているわけですが、今の職場には押出工程と粉砕工程という2つの工程があります。元々は粉砕工程を担当していたのですが、今は押出工程を担当しています。異なる工程を経験する事で塗料づくりの全体像が理解できるようになりますし、その延長線上にある検査工程という最後の重要な工程も担えるようになっていきたいので、そのためにも仕事の幅を増やしていく事を意識しています。この検査工程は経験豊富な人材が担当するポジションなので、それに向けて自分も経験を増やしていきたいですね。

「ONE TOHPE」の考え方に共感。

トウペはとても活気のある会社です。挨拶をすれば皆元気に返してくれますし、職場の一人ひとりが自分の仕事に責任感を持って取り組んでいる事が伝わってきます。これは私の入社動機でもあり、今現在もトウペの好きなところです。
ものづくりにはたくさんの工程があります。自分の工程に遅れが出てしまうと次の工程以降にも影響が出てしまうので、いかにスケジュール通りにスムーズに仕事を進めていくか、これはプロとしてのやりがいだと思います。
トウペでの仕事は、自分一人だけで全業務が完結するわけではありません。自分の部門だけでなく他の部門の方々も含めて社内で多くの人と情報を共有しながら仕事を進めていきます。この業務の性質からもトウペには社内に一体感があるように感じます。会社も「ONE TOHPE」を謳っているので、皆がトウペの一員であるという意識を持って1つになる事が会社の強みにもなっています。
私自身、スポーツが好きで自分でもやってきたので、チームプレーの大切さを理解しています。その経験からも「ONE TOHPE」の考え方は刺さります。これから新しくトウペの一員になる方々にも、是非この輪に入って活躍していただきたいと思います。

営業マンから経理の世界へ。
新しい自分を磨いて、経理のエキスパートを目指します。

経理部門、入社2年目、キャリア採用

経理の仕事を通じて数字への興味が高まりました

入金、支払の管理や投資、固定資産の管理、伝票作成方法の指示といったように経理業務の全般を担当しています。これらに加えて子会社の経理総務や月次年次決算など、経理のエキスパートを目指して業務の幅を広げていっています。
今はバリバリ経理の仕事をしていますが、前職では営業マンでした。営業とはフィールドの違う仕事を経験してスキルの幅を広げたいという思いで今の職に就きました。細かな作業や正確性を求められる仕事が好きだったので営業マン時代から「完璧な書類」を作る事に喜びを感じていました。今の仕事はそれをさらに発展させたいという思いにぴったりはまっていると思います。もちろん今では取り扱う金額や書類の数がはるかに多いのでやりがいも段違いです。
やはり適性があったのか、今の仕事がきっかけで数字に対する興味がわいてきたので、それを高めたいという思いで勉強を重ね、簿記2級の資格を取得しました。もちろん今の業務に直接役立つ資格なので、今はさらに上を目指して簿記1級の資格を取得するべく勉強中です。

挑戦する人を全力で応援してくれるのがトウペです

簿記の資格も1級ともなると、知識レベルが税理士クラスになります。経理のエキスパートを目指す私としては、それに加えて法人税の申告や原価計算の勉強をしていきたいと思っています。トウペは原料から塗料製品を作る会社なので、原価を理解してそれを管理できるようになれば、経理の視点から会社の利益に貢献できるようになります。会社の経営や戦略に深く関わる部分でもあるので本腰で勉強に取り組んでいきたいと考えています。
トウペは挑戦する事を大切にする会社です。その事もあって私が入社するにあたって何に挑戦したいのかを考えるようになり、その答えが「経理のエキスパート」でした。自分を高めたいと思って努力する人を全力で応援してくれる会社なので、その環境でどんどん自分を高めていきたいですね。
このページをご覧になっている方で、自分を成長させたい、会社をよりよくしていきたいとお考えの方は、トウペで飛躍できる可能性大です。そんな考えに共感できる方は是非ご応募いただければと思います。

塗料に興味を持った事をきっかけに新卒入社。
今では自分が提案した塗料が社会のあちこちで使われています。

営業部門、入社13年目、新卒採用

自分の提案製品が国道に使われた事もあります

大学に来ていたトウペの求人情報や採用案内が塗料について調べるきっかけになりました。調べてみるとトウペの製品が実にいろいろな場所に使われている事を知り、興味を持ったのが入社のきっかけです。入社後は営業を担当しています。
トウペの営業ではお客様が商社であったりエンドユーザーであったりと多岐にわたるので、それぞれのお客様のもとへ訪問し製品の提案をします。中でも印象に残っているのは、役所向けに道路塗料の新製品を提案し、それが採用されて実際に国道に使っていただいた事です。多くのクルマが行きかう国道に自分の仕事が役立っているというのは、なかなかの充実感です。もちろんうまくいく事ばかりではありませんが、お客様や先輩に教えていただきながら着実にキャリアアップしてくる事ができたと思います。
トウペは上司も先輩も面倒見のいい会社なので、私もそれにずいぶん救われた気がします。相談しやすい環境があるからこそ、自分のわからない事が何でも聞けて、すぐに解決できたのですから。

面倒見のいい会社なのですぐに打ち解けられます

私の最初の赴任先は名古屋でした。大学は実家から通学していたので一人暮らしの経験がなく、アルバイト経験はあったものの社会人生活はトウペが初めてです。初めてづくしだったので最初は慣れるのが大変だったように思いますが、そんな環境だったからこそ、社会人として責任のある仕事の仕方や人間関係の作り方などをしっかり身に付ける事ができました。先ほども言ったようにトウペはとても面倒見のいい会社なので、そんな社風のおかげでもあると思います。大阪営業所に中途採用で入社してきた人がいるのですが、その人も「前職と比べて風通しがよく、面倒見のいい会社」と言っているので私が感じた通りだと思います。
トウペは自分のやりたい事、やりたい方法を尊重する会社です。それだけに「指示待ち」ではなく、自分で考えて行動する方が断然仕事がしやすいですし、会社からも評価されます。だれもがアイディアや提案を出せるような環境なので、入社される方には自分の夢や目標を持っていただきたいですね。一緒にやる気が溢れる元気な会社を作っていきましょう!